山田3番で川端4番って決まりましたので、

2番ね。ここは、坂口で決まりですね。
不可欠は、やっぱりランナーで現れる素行。
山田の打席ではやっぱりバッチリやる素行。2ストライク2ボールぐらいまでは、打者任せでOK.変に駆けるという、1塁が空いてしまうので、競争が避けられてしまうので、それは避けたいので、後、1塁におけるため、1塁アームが1塁ベースに張り付きになるため、強打部分が広まるので、1塁、3塁という得点のチャンスがひろがり易いのもあるからね。後ろの打者が、強打を打たせたら、逸品の川端というため、打てなくても、奥深いショートゴロを打てば、ゲッツーは取れない。というため、そんな感じで、
そうして、出塁レートおっきいので、うしろのバッターではあるのですが、ここで、バレンティン。5番で。
ランナーはやっぱりたまってあるところであるのでね。どんと。歩かされる疑いあるが、そのあとの6番は、雄平でね。
あとは、
バレンティンではあるのですが、気分屋であるので、クリンアップに置いておかないと、へそを曲げてしまうというのもあるし、一筋鋭くやさせて引き上げることもライフかと。
こんな感じでね。畠山帰ってきたら、そのあと考えましょう!お金借りる方法@スマホ携帯でお金借りるにはどうすればいいか?